あなたのお洋服、ジメっと重く感じませんか?

湿気の多い雨の日のように・・・。

↓ ↓ 今ならキャンペーン中!  ↓ ↓

ウェットクリーニングでサッパリ感を体験しよう!

カラっと晴れた日の着心地

ウェットクリーニングとは?

水で洗えない衣類に付着した汗や水溶性の汚れを洗い落とすこと。または、2016年の新しい洗濯表示で「クリーニング店が特殊な技術で行うプロの水洗いと仕上げまで含む洗濯」と消費者庁が規定しています。

​ご家庭で洗うには難しいウールやシルク製品の洗濯、洗った後の乾燥工程から面倒なアイロンがけまで技術を持ったクリーニング店で行う水洗いですね。

なぜ、ウェットクリーニングした方がいいのか?

たっぷり汗が浸み込んだスーツを普通にドライクリーニングしてもキレイに洗い流すことができません。ドライクリーニングは汗や飲みこぼし、タンパク系の汚れを落とすことが不得意なのです。食器を洗うときに水だけでは油汚れが残ってしまうように、油に近いドライ溶剤では水溶性の汚れを落としきれないのです。

そこで、ウェットクリーニング!

ドライクリーニングでは落としきれない汗の成分や古い角質が残っているとニオイの元にもなります。目に見えにくい水溶性の汚れ落しにはやはり水で洗うのが一番です。

目詰まりがなくなったのでのサッパリと感じる。

ウェットクリーニングをしたウールの生地を触ると、サッパリしています!他にもっとよい表現はないかと探しましたがやはり「サッパリ」。繊維に付着していたドライでは落ちない水溶性の汚れによる目詰まりがとれ、買ったときのしなやかな触り心地です。繊維に水を通したことでドライクリーニングのアブラ感が無く、着たときに健康的な感じも受けます。雨の日のようなジメっとした重さから開放され、晴れの日のカラっとした着心地を体感できます。

当店では「汗抜きクリーニング」という名前で、

ドライクリーニングとセットでご提供しています。

ウェットクリーニングには基準があるってご存知ですか?

難しい水洗いと言われるウェットクリーニング。どのクリーニング店に出しても大丈夫と思っていませんか?ウェットクリーニングを実施していないお店もあったり、まだ新しい規格なので技術や設備に差があるのが現状です。お店選びの基準を知っておくと便利ですね。