株式会社ビクトリー

東京都江戸川区興宮町23−11

03-5663-6677

Facebookやってるよ!

  • 工場
  • 東瑞江
  • 松島
  • 南篠崎
  • 錦糸町

© 2020 - 2021 by Victory Inc.,

  • Masatomo Takanashi

ペヤング、本気でした。

夜の12時を過ぎて小腹が減ったのでインスタント焼きそば。ぺヤングでこんなのあったんだ~!?と1個買っておいた「激辛×辛さゼロのハーフ&ハーフ」でも食べながら、あとちょっとの映画の続きを。


フタを開けると普通サイズの麺のかたまりが2個。麺の構成は、「超大盛り」と同じでしたが、ソースは激辛と普通の2種類入っていました。熱湯を入れて3分、湯ギリしてパッケージ通り左に激辛ソース、右に普通ソースを。仕切りは無いのでソースが混ざらないようかき混ぜ、さてどっちから食べよう?


激辛と名乗ってそうでもないケースと思って左からいくか、万一に備えて右からいくか。慎重に右から食べたとして、どこまで食べ進んでから左に移行するか。おおっと麺が伸びてしまう、ここは定番ソースの右から。いつもの味で美味しい、期待通りの美味しさって安心しますよね!半分くらい食べ進んだところで気になってきた「左」。キリンレモンを一口飲んでいざ激辛へ。


辛いのなんて平気!と公言していましたが、

ペヤングハーフ&ハーフ もっともっと激辛×辛さゼロ

済みませんでした、撤回です。この辛さは狭く浅い食生活の記憶のベスト3に入りました。あわててキリンレモンを飲みましたが、シビれる辛さに炭酸水は焼け石に水。あまりの辛さに禁断の左右混ぜ混ぜ。泣けない映画を涙目で鑑賞しました。やはり映画にはポテチでしょうか。次回は混ぜずにチャレンジしてみたいと思います。

ぺヤングの本気を確認しました。皆さんも是非確認してください!

35回の閲覧